ジーマーミ豆腐

うまい!沖縄料理!沖縄ジーマーミ豆腐。落花生(ピーナッツ)の豆腐、自宅で作るキットもあるよ。

 

沖縄料理には様々なありますが、その中でも人気なのがジーマーミ豆腐。
ピーナツ豆腐です。
感じで書くと『地豆豆腐』。

 

表記は、
「ジーマミ豆腐」
「ジーマーミ豆腐」
「ジーマーミー豆腐」
表記はまちまち。
どれも正解のようです。

 

ジーマーミ豆腐どんな味?

食ったことない方に説明するとすれば、高野山などの精進料理で有名な胡麻豆腐のピーナツ版って感じです。
一般的な、木綿だ絹ごしなどの豆腐ではなく、胡麻豆腐のように弾力があって、落花生特有の濃厚な味。
かける蜜によっては、デザートっぽい感じもします。
でも、一応、料理の部類。

 

このジーマーミ豆腐、沖縄のスーパーでは豆腐コーナーの横にプリンのように普通に売られます。
とはいえ、豆腐のように常に食べるものでもなく、売られていても2、3種類くらい。

 

居酒屋メニューでも観光客が入る店では、多くの店で扱ってます。

 

ただ、このジーマーミ豆腐には、当たり外れが多いのが事実。

 

時々、居酒屋でも手作りしている店もありますが、ほとんどが業者から取り寄せたものが多い。

 

スーパーで売られてるジーマーミ豆腐で安いものは、落花生の味が薄いんですよね。

 

結局、甘めのタレが美味しいってものも少なくありません。

 

やはり、がっつり落花生を使って、濃厚な味のジーマーミ豆腐はそこそこお高め。

 

もし、沖縄土産やネット購入の際は、安いものより、少しお高めのものの方が良いです。

 

沖縄では、ジーマーミ豆腐専門店などもあるので、そこで購入すると良いですよ。

 

個人的には、浦添美術館の近くにあるトミちゃんのジーマーミ豆腐がおすすめです。
通販もやってますよ。
http://tomiya.shop-pro.jp/

 

また、楽天経由ですが、ふるさと納税の対象商品にもなっています。

 

 

伊江島産の落花生

ところで、沖縄で落花生って作ってるの??
と思われている方もいると思います。
もちろん、多くのジーマーミ豆腐は県外産や輸入ピーナツで作られている場合もありますが、沖縄って意外と落花生が作られているんですよ!!
伊江島って島で多く育てられてます。
美ら海水族館に行かれた方は、水族館から海のちょっと向こうに、山が突き出た島を見たと思いますが、あれが伊江島(いえじま)です。

 

伊江島

 

この伊江島、春にはテッポウユリが咲き誇り、麦の生産も盛んで、最近はオリオンビールの原材料として伊江島産の大麦を使っています。
伊江島産の小麦で作ったスナック菓子のがとても美味しく、普通に沖縄県民の間でも流行して一時は品薄になってました。
その名も『ケックン』。

 

 

一度お試しあれあられ!

また、沖縄には昔から、沖縄産の落花生の味噌ピーナツなんかも普通にスーパーで売られていて、意外と沖縄に根付いた食べ物でもあります。

 

ジーマーミ豆腐をお家で作ろうぜ!

 

ジーマーミ豆腐ですが、お家で作れます!
クックパッドなどにもレシピはいっぱいあります。
中にはピーナツバターから簡単に作れる方法などもあります。

クックパッドで見てみよう!

 

でも、一から材料を揃えて作るのは大変ですよね。

 

そんな方には、手作りキットがあります。

 

お家でつくるジーマーミ豆腐セットお取り寄せ。

お家でつくるじーまーみ豆腐セット

 

こちら、落花生は千葉ですが、国産の良質の材料のようです。

 

他にも、楽天などでも購入可能です。

ジーマーミ豆腐手作りキット

created by Rinker
¥1,500 (2021/09/25 08:25:08時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

 


関連コンテンツ